奨学金制度

ホーム > 入学案内 > 奨学金制度

奨学金制度について

本校へ早くから専願で出願し合格した方に対し、入学手続きの際、奨学金として学費納入額から、最大20万円を免除する制度を設けています。

一次入学手続完了月免除額
10月    20万円
11月    10万円

特待生・準特待生制度

この制度は、本校に入学を志望する人(特待生)および本校に1年間在籍する学生(準特待生)の2種類があります。特に学業、人物ともに優れ、向上心に富むもの、また経済的な理由により就学を続ける為に援助を必要とする人に対し、2年間または1年間の授業料を免除することにより、その学習効果を高めることを目的としています。

(環境技術保全学科・自然環境保全学科 ・環境管理教育学科 共通)

特待生の応募資格

  1. 高等学校卒業見込みの人及び前年度卒業の人に限る
  2. 高等学校在学中における3年生担任教諭及び理科担当教諭 計2名の推薦を受けられる人
  3. 高等学校での成績が評定平均値4.0以上であること
  4. 「特待生資格審査申込書」を持つ人(特待生説明会で配布しますので、ご参加下さい)

特待生説明会(年2回のうちどちらかに参加してください)

1回目 2015年10月4日(日) 午前10時~12時
2回目 2016年 2月14日(日) 午前10時~12時
※参加申込みおよびお問い合わせは、本校事務室(TEL 06-6412-8461 )まで。

学費免除総額

学科名特待生準特待生
自然環境保全学科 授業料2年分 授業料1年分
環境技術保全学科 授業料2年分 授業料1年分
環境管理教育学科 授業料2年分 授業料1年分

日本学生支援機構(旧:日本育英会)

本校入学後に申請を行ないます(所得額などにより受給できるか決定されます)。
ただし、高校生の方には、本校入学前に奨学金を予約する「予約採用」という制度がありますので活用してください(詳しくは高校の奨学金窓口にお尋ねください)。

日本政策金融公庫(旧:国民生活金融公庫教育ローン)

本校への出願と同時に申請手続き(申込)することが可能ですので、入学前から融資を受けることができます。入学準備資金などが必要な場合はこちらの制度の方が便利です。
なお、日本学生支援機構の奨学金と重複しての利用も可能です。