バイオロジーコース/環境技術保全学科

ホーム > 学科とコース > バイオロジーコース/環境技術保全学科

バイオロジーコース(2年制)

微生物や遺伝子を利用した環境浄化や生物資源の利用と、食品、医薬品の開発・製造・分析に利用されるバイオテクノロジーの実務を学びます。

大腸菌.jpg

IMG_2022.JPG

DSCF0341.jpg

【講義】

  • 基礎生物学
  • 基礎化学
  • 分子生物学
  • におい・かおり科学
  • 食品医薬分析化学
  • 生物資源科学
  • 生化学技術実務   など
 
【実験】
 
  • 環境保全実験
  • 環境生化学実験
  • 基礎生物学実験 など
 
【内容】

微生物の取り扱い、植物の培養や遺伝子工学などのバイオテクノロジー

生物の力を利用して環境を調べ、管理する技術、汚染された環境を化学的・物理的処理ではなく、生物の力によりきれいにする方法

廃棄物から新しい資源(水素ガス、バイオエタノールなど)の開発

食品分析実験や医薬品分析実験などバイオ分析企業で行う実践的な技術

                  などについて学びます

 
 

岩﨑先生(環境生化学実験など担当)から一言

 地球温暖化、酸性雨、砂漠化、環境汚染などの地球環境問題や自然環境の破壊、石油資源問題、食糧問題、高齢化社会の進展など、ヒトの身のまわりには様々な問題があります。

 これらの問題の解決方法として生物(植物・微生物)の力を利用したバイオテクノロジーが注目されています。バイオテクノロジーによる環境保全・資源開発は、化学薬品やエネルギーの使用量が少なく、環境に優しい21世紀の技術です。 

 また、生物を扱う基礎技術や知識は、遺伝子操作・食品・医薬・医療などにもつながり、我々の生活にとても密着しているともいえます。そのため、バイオテクノロジーは、これからも加速的に発展していく 分野です。

 このコースで学んだ知識や技術、経験は即戦力として幅広いエコビジネスへとつながります。バイオロジーコースで、ヒトの身のまわりの環境・生物を保全するバイオ技術を一緒に学びましょう!

取れる資格と卒業後に目指せる職業

このコースで取得を目指せる資格

  • 技術士補(環境部門/生物工学部門)
  • 臭気判定士
  • バイオ技術者認定試験
  • 品質管理検定
  • 食品衛生責任者
  • 危険物取扱者
  • 毒劇物取扱責任者

卒業後に目指せる職業

新素材の開発・製造 地球に優しい生物由来のプラスチックの開発など
エネルギー開発 生物由来の廃棄物からバイオ燃料などの生成と利用
衛生管理 食品・化粧品などの細菌検査・安全管理
環境浄化 植物や微生物による汚染された水や土壌の浄化
遺伝子操作・解析 有用遺伝子を利用した物質生産や、遺伝子検査
医薬品 研究用試薬やジェネリック医薬品の開発、製造、分析、品質管理
医療 臨床検査や細胞培養、医療施設内の衛生管理など

卒業生の今 在校生の今

フォトアルバム

植物細胞の観察の様子です。他にも微生物検査なども行っています。植物の光合成色素抽出実験の様子です。生物実験では生体中に含まれるさまざまな成分を調査します。植物ホルモンが与える影響を種子の発育状態により検証中です。他にも微生物の培養なども行います。実際に無菌操作を行っている様子です。このような装置をはじめ多くのバイオ装置を取り扱います。実際に培養した微生物を観察し記録している様子です。無菌操作が上手に行えれば雑菌汚染が防げます。測定を行う培養液の観察の様子です。微生物の力で汚染物質が浄化できているか測定します。日々、楽しく技術を学んでいます。河川にいる目に見えない微生物を回収している様子です。この微生物を使い環境浄化に役立てます。川遊びに見えますが、これも実験の一つ。石や砂に付着している植物(珪藻)を回収し、種類を同定することで環境を調べることができます。