環境学園が樹木医補資格養成機関に登録されました

ホーム > 新着情報 > 環境学園が樹木医補資格養成機関に登録されました/その他

 
平成25年8月25日 一般財団法人 日本緑化センターの樹木医補資格養成機関に登録されました。
これで、環境学園の自然環境保全学科森林緑化水域コースを卒業し、申請(試験なし)すると樹木医
補の資格を取得することが出来ます。
 

樹木医とは

  一般財団法人日本緑化センターのホームページによると、
 
  「樹木医とは、樹木の診断及び治療、後継樹の保護育成並びに樹木保護に関する知識の普及
   及び指導を行う専門家です。」
 
   とあります。緑のお医者さんといったことでしょうか。ただ、内容としては、樹木医学だけでなく、
   樹木に関する総合的な幅広い知識が問われることになります。
 
   また、この資格を取得することで、造園関係や研究職、コンサルタントに関する職業について
   いる人が多く取得しています
 

樹木医補とは

     樹木医の資格は、受験資格として実務経験が7年も必要なのです。
 
     この7年というハードルがあるために受験することすらできない人が多くいます。
 
     しかし、樹木医補を取得すると、樹木医を受験するために必要な実務経験が7年から1年
     大幅に短くなります。
 
     そのため、いち早く樹木医として活躍したい方にはお薦めです。
 
 
詳しくは 一般財団法人 日本緑化センターのページをご覧ください
 
また、本校は六甲砂防事務所の「森の世話人活動団体」にも登録されており、森林保全に尽力しています。
 

一覧に戻る