環境学園が「職業実践専門課程」に認定されました

ホーム > 新着情報 > 環境学園が「職業実践専門課程」に認定されました/その他

 「職業実践専門課程」とは

専修学校の専門課程であって、職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成することを目的として専攻分野における実務に関する知識、技術及び技能について組織的な教育を行うものを、「職業実践専門課程」として文部科学大臣が認定して奨励することにより、専修学校の専門課程における職業教育の水準の維持向上を図ることを目的とするものです。                                                               ※文部科学省ホームページ参照

環境学園の「職業実践専門課程」

全国で唯一、環境教育分野での学科として「環境技術保全学科」と「自然環境保全学科」の2学科が職業実践専門課程に認定されました。

◆就職先企業が授業(講義・実験)の一部を担当します

企業の現場で働いている方が、現場での実技を授業(講義・実験)として教授します。企業での多様な仕事の内容を職業教育として実施する職業実践専門課程がスタートします。

◆就職への近道

企業の現場から教えられる内容は、就職してから必要となる知識や技術です。その内容を身につけることで、企業の求める人材に近づきます。授業を通じて実際に企業のかたと触れ合うことは、就職活動での大きなメリットになります。

「実学」「実務」「実践」教育の実績

企業や行政機関と連携した授業・実験・実習の一例

IMG_6731.JPG

公園管理実習

 環境学園の近所にある、全国初の大気汚染公害対策緑地公園「元浜緑地」を管理する「尼崎緑化公園協会」の協力と指導をいただいて、環境学園の1年生は全員、公園管理実習を体験します。樹木の剪定、植物の植え込み、外来種の駆除、などの一連の公園管理の実務を身に付けます。

 

P1190098.JPG

六甲山系グリーンベルト整備事業への参画

 六甲砂防事務所が主催している「森の世話人活動」に参加することで、ひょうごフェニックス計画の一部を担う六甲山系グリーンベルト整備事業に参画しています。間伐、苗木育成、植樹、調査観察を継続的に行うことで、森林管理の実務を身に付けていきます。この実習は1年生全員が受けることになっています。

IMG_6363.JPG

環境政策学

 環境学園の所在地、尼崎市はかつて「公害の町」といわれていました。公害の発生から立ち直るまでに至った経緯とこれからの政策について、尼崎市経済環境局環境部の職員を講師として、地域の環境政策の最前線を学びます。1年生の必須科目です。

IMG_0008.JPGのサムネール画像

 全国環境自治体駅伝

 年に4回、都道府県の環境行政にたずさわる職員を招き、学生に対して講演をいただきます。環境に地域特性があるように、環境政策にもまた地域によって特色があることを、実務に携わる職員のかたからうかがえる貴重な機会となっています。この講演は授業の一環として行われるので、全学生が聴講します。なお、講演内容は書籍化し販売されています。

 

企業と連携した就職支援の一例

DSCN5513.JPGのサムネール画像

企業見学会

 2年間で計6回行われる就職支援行事で、各学科・コースに関連する企業の業務現場を見学します。普段の実験・実習で学んでいることがどのように業務現場で活かされているかを実感しながら学ぶことが出来ます。

見学先:尼崎市立衛生研究所/関西電力㈱電力技術研究所/㈶尼崎緑化公園協会/兵庫県立農林水産技術総合センター/大阪府立環境科学センター など

IMG_0019.JPGのサムネール画像

企業訪問 

 1年生の夏期休暇時に学生が少人数チームを組んで自分たちの興味のある企業に訪問し、企業研究をおこなうとりくみです。学生が自主的に着手できるように、業界研究、訪問先選定、アポイントのとりかた、ビジネスマナーなどを事前に訓練します。

訪問先:神戸天然物化学㈱/㈱一成/㈱緑化技研/バイオベース㈱/㈶ひょうご環境創造協会/㈱島津テクノリサーチ など

DSCF5937.JPG

 企業紹介講座

  就職活動が本格化する前に、1年生に対して企業の人事担当者や現場職員のかたから、業界の現状や職務の内容、就職活動で必要なことなどの講演をいただく就職支援行事です。毎年、環境学園とつながりの深い企業に講演をいただいています。

講演企業:㈱日本サクドリー/㈱ラポーザ/㈱緑化技研/OCI㈱/大栄環境㈱/㈱兵庫分析センター/高田香料㈱ など

IMGP6260.JPGのサムネール画像

 インターンシップ(企業での就業体験

 企業で実際の業務を体験することは、実務に必要なことや要点を的確につかむことに役立ちます。環境学園では1年生からインターンシップを積極的に推奨しています。

受入企業:㈱ラポーザ/㈱一成/㈱緑化技研/㈲a環境研究所/㈱地域生態系保全 など

 

 

実務的な資格の取得支援の一例

IMG_0001.JPGのサムネール画像

国家資格の技能講習

 兵庫労働基準連合会 が主催する国家資格の技能講習(「有機溶剤作業主任者技能講習」「特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者講習」)を年1回、環境学園の学生が受講しやすいように学校近くの施設で開講しています。毎年100名近くの学生が受講し、資格を取得しています。  

   

IMG_0004.JPG

 樹木医補資格

 樹木の診断および治療、育成、保護に関する知識の普及と指導をおこなうことができる「樹木医資格」の受験資格が短期間で認められる「樹木医補資格」。環境学園は一般財団法人日本緑化センターが認める「樹木医補養成機関」として登録されています。自然環境保全学科で入学し森林緑化水域コースを卒業した学生は申請のみで樹木医補資格を取得することが出来ます。

 

 

一覧に戻る