環境雑学♪No2「松枯れの犯人は誰??」

ホーム > 新着情報 > 環境雑学♪No2「松枯れの犯人は誰??」/その他

松枯れの犯人は誰??

 matu.pngのサムネール画像

 皆さんが良くご存じのマツ。乾燥地や尾根筋、海岸などでよく見かけます。マツは、土砂の流出を抑えてくれたり、潮風を防いでくれたり、木材やマツタケの生産にも役立つ樹木です。

 実は全国各地のマツが、昭和40年代後半から深刻な被害を受けています。当初、枯れる原因がよくわからず、「松くい虫」という虫が原因ではないかと言われていました。

 ところが、昭和42年(1967年)にマツを枯らす原因となる生物が明らかになりました。

 その生物とは、「マツノザイセンンチュウ」という線虫の仲間でした。

 そして、マツノザイセンチュウをマツに運ぶ生物が「マツノマダラカミキリ」というカミキリムシの仲間であることが分かりました。マツノマダラカミキリがマツの若枝をかじることで、マツノマダラカミキリの中にいた線虫が樹木の中に侵入します。侵入した線虫は、樹木の細胞を餌として増殖していきます。すると、樹木の水分通導機能が低下し、水を根から葉まで吸い上げることができなくなります。その結果、マツが枯れてしまいます。

 感染して枯れたマツは、マツノマダラカミキリの産卵場所になります。そこで、松枯れの対策のために、枯れたマツの丸太を薬剤で処理したり、焼却したりする必要があります。また、マツノマダラカミキリがマツの若枝を食べないように、ヘリコプターで薬剤散布したり、地上から薬剤散布したりします。

 松枯れの犯人であるマツノザイセンチュウは、マツの植物体を抽出装置にかけることで、顕微鏡で観察できます。抽出装置は、身近にある道具で簡単に作ることができます。8月21日の生徒が喜ぶ環境実験会では、マツノザイセンチュウの抽出装置の作成と線虫の顕微鏡観察を行います。興味をもたれた方はぜひ実験会に参加してくださいネ。

 

 

 

一覧に戻る