企業の採用担当者の方へ

ホーム > 企業の採用担当者の方へ

即戦力となる「技術力」を持った人材を育てています。即戦力となる「精神」を持った人財を送り出しています。

本校学生の就職につきましては、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。


さて、就職氷河期という長いトンネルを抜け出し、就職状況に明るさが見えるようになって参りました。しかしながら、各企業には持続可能な社会を目指しながら、ものづくりや品質管理の基本技術、それに基づいた技術革新がこれからも要求されてまいります。このような企業のニーズにお応えすべく、そのような舞台で活躍できる人材の育成のため、実践的な講義と実習による即戦力としての知識と技術の体得、並びに「時を守り、場を清め、礼を尽くす」というマナー教育の励行による社会人としての素養修得とコミュニケーション能力向上を目指すマンツーマン指導にあたっております。このように充実した指導により、本校の学生は必ずや社会において活躍できる有用な人材に育っているものと確信しております。

また、本校では、就職指導は全教員があたることをモットーとしています。学業成績、適性検査、個人面談等に基づいて、各学生の適性を正確に分析し、企業選択を指導しております。学校に頂戴しました求人票につきましても、適合する学生を選考し、推薦しております。したがいまして、貴社のご期待に添える学生を自信を持って紹介させていただくことができます。つきましては、本校の教育をご理解いただき、ぜひとも本校の学生に対し、社会進出の機会を賜りますようお願い申し上げます。   

環境学園専門学校の沿革

昭和57年4月学校法人重里学園 大阪府知事より認可を受け
専修学校 日本分析化学専門学校 工業専門課程を設置
平成5年6月尼崎市との学校誘致協定成立 
平成6年11月兵庫県知事より日本分析化学専門学校兵庫校工業専門課程の認可を受ける
平成7年1月文部省より「専門士」称号付与の認可を受ける
平成7年4月専修学校 日本分析化学専門学校兵庫校を開校
工業専門課程 環境化学科 生活化学科 情報化学科を設置
平成9年4月通信講座(化学分析・国際環境管理・環境計量士・毒物劇物取扱責任者・公害防止管理者・基礎化学・臭気判定士)を新規開講
平成10年4月日本分析化学専門学校兵庫校を国際環境専門学校と名称変更
工業専門課程 環境テクノロジー学科 環境システム学科を設置
平成13年4月環境ビジネス専攻科を設置
平成13年7月ISO14001認証取得
平成16年4月環境システム学科を環境バイオロジー学科と名称変更
平成16年10月全国環境自治体駅伝開始
平成16年11月太陽光発電装置(10kwh)設置
平成17年4月環境化学科(通信制)を設置
平成18年4月環境マテリアル学科を設置
平成20年4月国際環境専門学校を環境学園専門学校と名称変更
工業専門課程 環境技術保全学科 自然環境保全学科を設置

本校の教育体制

1.三実一体教育

本校の使命は、2年間という時間を有効に使い、そして社会人として「人格の形成」、「専門的な知識・技術」、「働くことの意義、尊さ」を自然と身につけさせることにあります。そのために正規の授業は、三実一体教育を理念として実施しています。

  1. 実学・・・講義を中心として理解力を深め、礼儀・作法を身につける。
  2. 実務・・・実験を中心として判断力を養い、勤労意欲、協調性を培う。
  3. 実践・・・学習の成果を発揮できる応用力を養い、責任感と実行力を培う。

2.充実した職業教育

■企業見学会

企業、団体の現場を見学することで、学校で学んでいる知識や技術が、企業等では実際どのように活用されているのか学生自身の目で確かめ、以降の学習意欲を高めると共に働くことへの関心を深めています。

■企業紹介講座

2年生を対象に企業の人事担当者や卒業生を招待して、会社の内容、企業で求められる人材、入社後の待遇、仕事の内容等について説明会を行っています。

■OB/OGとの交流会

卒業生が就職活動支援として学生に対して就職のアドバイスを行い、在学中から就職に対する考え方、社会人としての心構えを養います。

■職業教育の導入

本校入学を「入社」として捉え、会社の一員としての常識、礼儀作法、生活習慣、行動態度を身につけさせています。ビジネス教育月間を設け、具体的な月間目標に基づいて指導しています。

ビジネス教育月間目標
目標目標目標
4月挨拶・健康・明朗月間7月協調性月間11月根気月間
5月規律月間9月責任感月間12月創造性月間
6月正確性月間10月積極性月間1月安全・衛生月間
■全国環境自治体駅伝

平成16年度から全国環境自治体駅伝を行っています。各都道府県の環境担当者から、特徴ある環境政策についてリレー形式で順次聞かせていただく催しです。
これまで長野県、石川県、愛知県、埼玉県、鳥取県、富山県、茨城県、新潟県、鹿児島兵庫県、岡山県、滋賀県、群馬県、大阪府、静岡県、京都府、長崎県、和歌山県、奈良県にご講演をいただいています。

■国際理解教育

本校では、専門的知識・技術に関する教育とともに、産業の国際化に対処するために、英語教育にも力を入れています。また、国際理解教育の一環として、約3週間にわたる海外での短期留学制度を実施しています。

■資格取得教育

本校の卒業生には、文部省認定の「専門士」の称号及び環境管理士(環境大臣認定)が与えられます。また、各種資格取得のための最適のカリキュラムを導入して、環境関連技術の専門家として高い社会的地位と評価が受けられるようにきめ細かな指導を行っています。卒業までに取得を目標とする資格には、次のようなものがあります。

国家資格
 
  環境計量士 公害防止管理者(水質・大気・ダイオキシン類) 浄化槽管理士
  毒物劇物取扱責任者 危険物取扱者 臭気判定士 有機溶剤作業主任者
  特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
公的検定試験

工業英語検定 ビジネス能力検定 生物分類技能検定

準公的資格

環境管理士2級(卒業と同時に全員取得) 品質管理検定 環境測定分析士

民間資格

中級バイオ技術認定 ビオトープ管理士 樹木医補 

3.産官学協同の教育、研究

本校のカリキュラムの在り方については、各企業へのアンケートを定期的に実施し、企業からの要望等を取り入れ、常に時代の変化に対応できる人材育成を目指しています。また、産業振興を支援するための人材育成拠点として、尼崎リサーチコアの一翼を担っています。産業界との連携の一例としては、

  1. S社の光触媒を用いた実用的な環境浄化の研究、
  2. H県、A市による有用微生物を用いたA港の環境浄化実験に参加、効果の測定に協力

などがあります。
なお、2年生が行う卒業研究の中からは、平成15年度は2件、平成16年度は3件、平成17年度は1件の特許を出願しています。

4.環境管理技法(循環システム)教育

環境の知識と技術の習得から環境問題の解決に至るまで、効率的かつ効果的に実現するためのノウハウが環境管理技法です。

  1. 実態調査:どのような環境問題が存在するのかを調べ
  2. 問題の把握:その問題の主原因や、問題の本質を理解し
  3. 検討:問題点を解決する及び防止する方法を考え
  4. 対策の樹立:具体的な施策を構築して、実際に取り組み
  5. 評価:効果の有無等を確認し、実態調査に繋げる

という5段階で環境を管理するこの技法をあらゆる場面で使えるように教育の随所に取り入れて指導しています。

求人企業様一覧

日本水産(株)
林純薬工業(株)
(株)山豊
佐藤薬品工業(株)
(株)環境分析センター
イオン製薬(株)
(株)堀場テクノサービス
(株)新日本科学
(株)マイスターエンジニアリング
トヨタテクニカルディベロップメント(株)
関西コスモ物流(株)
花王(株)
神鋼溶接サービス(株)
東洋サクセス(株)
JFEテクノリサーチ(株)
岡谷酸素(株)
近藤造酢(株)
アースサポート(株)
日本環境分析センター(株)
ナイス(株)
(株)ケミトックス
フソー(株)
(株)ジーンデザイン
日本エックス線検査(株)
(株)住化分析センター 大阪事業所
(株)住化分析センター 愛媛事業所
京都島津計測サービス(株)
(株)松田ポンプ製作所
(財)化学技術戦略推進機構
高分子試験・評価センター
長生堂製薬(株)
(株)日本化薬東京
(株)ボゾリサーチセンター
丸一(株)
アルプス薬品工業(株)
(株)勝光社
新日本理化(株)
(株)ダイゾー エアゾール事業部
剤盛堂薬品(株)
日清オイリオグループ(株)
(株)シー・アイ・シー
松垣薬品工業(株)
辻本化学工業(株)
日本水処理工業(株)
(株)くらし科学研究所
(株)日本テクノサービス
ナガセケムテックス(株)
(株)朝日エンジニアリング
富士機工電子(株)
新興化学工業(株)
住化テクノサービス(株)
(株)ファルコライフサイエンス
セントラルエンジニアリング(株)
(株)シーディア
(株)ミリオナ化粧品
日本ケミカルリサーチ(株)
日本リサイクルセンター(株)
日生研(株)
化研テック(株)
大洋薬品工業(株)
(株)ダイヤ分析センター
AGC若狭化学(株)
(株)松村石油研究所
神戸天然物化学(株)
小西製薬(株)
(株)日吉
(株)日建技術コンサルタント
日本エマルジョン(株)
(株)東海テクノ
日新化成(株)
住友精密工業(株)
積水化成品工業(株)
(株)フューチュアテック
近畿地区国立大学法人等
(株)日本スペリア社
日本クレア(株)
笠野興産(株)
(株)産業分析センター
(株)テクノーブル
(株)トービ
伏見銘酒(協)
(株)大同分析リサーチ
三和化学工業(株)
豊国製油(株)
(株)アイ・メッツ
第一稀元素化学工業(株)
(株)ケー・エー・シー
松下電工(株)
内藤環境管理(株)
カネ美食品(株)
近畿環境サービス(株)
日本環境(株)
(株)コベルコ科研
日総工産(株)
全星薬品工業(株)
圓商産業(株)
交洋ファインケミカル(株)
日本ヘルス工業(株)
岩谷瓦斯(株)
日本ステリ(株)
オリエンタルケミカル(株)
(株)わかさ生活
(協)関西地盤環境研究センター
(株)大阪血清微生物研究所
日本総研(株)
ユニ化成(株)
高千穂化学工業(株)
関西環境リサーチ(株)
(株)サカイ生化学研究所
日本管財(株)
(株)メイクアップ
大阪再生医療センター
(株)ブルーム
新田ゼラチン(株)
住化エンビロサイエンス(株)
日清鋼業(株)
(株)メタルカラー
仙台テック(株)
イソライト工業(株)
(株)ラポーザ
(株)グリーンエネルギー研究所
(株)アサヒテクノリサーチ
(株)ノースイ
三菱マテリアル(株)中央研究所
分析評価研究センター
天生水産(株)
東京電力(株)
(株)アルプスビジネスサービス
モラブ阪神工業(株)
(株)ニッカトー
(株)大阪チタニウムテクノロジーズ
日本純良薬品(株)
(株)日本総合科学
(株)ケイエヌラボアナリシス
石原薬品(株)
大栄環境(株)
ツルイ化学(株)
池田糖化工業(株)
(株)コシハラ
三洋化成工業(株)
(株)メディネット
(株)クロバーコスメイク
麺素(株)
キャル(株)
三菱マテリアル(株) 四日市工場
(株)ニッテクリサーチ
(株)友電舎
(株)イナリサーチ
白新田硝子工業(株)
美交化学(株)
日本ワコン(株)
(株)タカダ
丸大食品(株)
阪本薬品工業(株)
(株)チャネルサイエンス
(株)福山臨床検査センター
(株)ヤマゼンホールディングス
キシダ化学(株)
日鉱商事(株)
(株)精研
(株)ハーモニックス
(株)ヒロセ
攝津製油(株)
塚本鍍金工業(株)
(株)ヒガシ化学
ニプロファーマ(株)
ショーワ(株)
日本香料薬品(株)
(株)H E R
(株)関西環境センター
(株)マーケティングフォースジャパン
日本メンテナンスエンジニヤリング(株)

(一部抜粋)

求人受付窓口

ご連絡いただいた求人情報は、環境学園専門学校の学生に公開させていただきます。 応募書類提出の締切日までには、ご連絡から少なくとも2週間程度いただければ幸いです。

会社案内等がございましたら、学生閲覧用として、2部お送りいただければ幸甚に存じます。

ご質問・お問合せは環境学園専門学校事務室まで。TEL: 06-6412-8461(平日10時~17時)お問合せフォームはこちら