S・Mさん (水処理と水質管理)

ホーム > キャンパスライフ > S・Mさん (水処理と水質管理)

テクノロジーコース 2007年卒業 S・Mさん

城 真紀子さん

現在のお仕事

JFEエンジニアリング株式会社

【現在の仕事内容は?】

 川の水、井戸の水などの濁りをとり、水道水にするために必要な薬品の量を調査して、まとめる仕事をしています。

この仕事のここが気に入っています!

仕事で気に入っているところは 

【仕事で気に入っているところは?】

 水は生命の源ですが、この仕事は、その水をきれいにする、いわば、命の源を守る最前線の仕事です。まさに、目の前で見る見るうちに水がきれいになっていきます。皆さんの役に立っているなぁ、というのが実感できます。

【やっぱり、現場はスゴイ!】

 水質浄化の仕事ですので、学校で学んだことは、職場でもたくさん出てきます。学校での実験と同じ方法で処理をしている箇所もあります。でも、そのスケールが桁違いに大きいです。今の仕事場は日本でも有数の規模の浄水場であり、非常に多くの方々に水を供給しています。責任重大です。

 

 やっぱり、現場はスゴイ
水に関わる仕事ができて幸せです 

【水に関わる仕事ができて幸せです】

 大学卒業後、海外青年協力隊でセネガルに行っていましたが、そこでは水の貴重さが日本とは全然ちがうんです。水の有り難さを身にしみて感じました。日本に戻ってきて水に関わる仕事に就きたいと思い、知識と技術を修得するために環境学園専門学校に入学しましたが、今こうして、水処理の最前線で働くことができて本当に良かったと思っています。いつまでも、水に関わる仕事を続けたいですね。

環境学園専門学校で学んでよかったと思うこと

 化学や生物など、環境の仕事をするうえで必要になる基礎を学べた事ですね。高校時代から化学は一番の苦手科目だった私が、今は水質課です。でも、苦手科目はつくるものじゃないですね。あと、企業経験のある先生から民間企業のことについて詳しく訊けたことは就職するにあたってとてもよかったと思います。スポーツ大会で水を正確に測りとる化学実験の操作を競ったことも良い思い出です。

私のオススメポイント(環境学園専門学校のオススメポイント)

学校のオススメポイント その1 

【学校のオススメポイント その1】

 同じ志をもつ仲間、熱心な先生。環境学園専門学校で学ぶうちに、どんどん前向きな気持ちになっていきます。今でも、学校への感謝の気持ちで1日1日終わっています。

【学校のオススメポイント その2】

 環境学園専門学校には、高校卒業後すぐに入学する人ばかりではなく、大学や社会人の経験を持つ人もたくさん入学してきます。
 私もそのうちの一人でしたが、同じような経験を持つ人がいることで、仲間もできましたし、良い励みにもなりました。20代半ば以上の人が、もう一度、学校に入るときには決断が必要だと思いますが、学び直したい気持ちがあれば年齢は関係ないと思います。私は、社会人になって考えられるゆとりが欲しいと思い学び直す事を決めました。

 

 学校のオススメポイント その2